オフショア開発関連事業とはオフショア開発関連事業とは

オフショア開発活用においては、オフショア活用方針・基準、契約管理、オフショア開発実行管理及び開発案件の効果評価・分析に関する基準・プロセスの不十分や基準・プロセスの定着及び改善における仕組の脆弱など、下記のような課題があります。

オフショア活用方針・基準

適性度評価やオフショア先選定基準がない。
基準があるとしても、採用している評価項目が限定的。

契約

要件定義/仕様変更ルール/役割分担において活用能力レベルが低い。
契約段階では、特に要件定義、基本仕様書やコミュニケーション方針の取り決めが行われていない。契約体制もきちんと整っていない。

開発管理

課題/リスク管理の基準・プロセスが定義されていない。
品質管理における「第三者による外部監査」によるチェックといった仕組が採用されていない。

開発評価

案件中もしくは案件終了後の開発効果測定・予実乖離分析などの「開発案件の評価・分析」プロセス・基準を改善/高度化させていく仕組が弱い。
弊社はオフショア開発基準・プロセスの策定と活用、オフショア開発プロジェクト管理におけるコンサルティング及び上流工程から下流工程までのオフショア受注開発サービスをご提供します。 オフショア開発関連事業

実績紹介実績紹介

  • 某大手SIer会社オフショア先の選定及び評価コンサルティング
  • 日本初低価格CMOSカメラを使った熱・画像複合人体識別センサーの開発
    (識別率99%、人体と小動物の識別が可能)
    工  程 :
    人体と小動物の識別アルゴリズム研究開発、ハードウエア設計&試作、テスト、導入テスト、関連マニュアルの作成
    開発環境 :
    Z80アセンブラ、TI DSP
    期間/人月 :
    10ヶ月/50人月
  • 某ソフトウェア開発会社 会計ERPパッケージ開発
    工  程 :
    要件定義、基本設計、機能設計、詳細設計、製造、テスト
    開発環境 :
    Java(JSP、Struts、EJB)、PostgreSQL
    期間/人月 :
    10ヶ月/120人月
  • 某大手ソフトウェア開発会社 人事管理システム開発
    工  程 :
    基本設計、機能設計、詳細設計、製造、テスト
    開発環境 :
    Windows、JAVA(JSP、WACS)
    期間/人月 :
    7ヶ月/35人月
  • 某大手ソフトウェア開発会社 販売管理システム開発
    工  程 :
    要件定義、基本設計、機能設計、詳細設計、製造、テスト
    開発環境 :
    Windows、Oracle、Java
    期間/人月 :
    6ヶ月/36人月
  • 某大手SIer会社 文書管理システム開発
    工  程 :
    要件定義、基本設計、機能設計、詳細設計、製造、テスト
    開発環境 :
    Windows、VC++、C#、MS、Access
    期間/人月 :
    8ヶ月/40人月
  • 某大手インターネットサービス会社 ポイント管理システム開発
    工  程 :
    要件定義、基本設計、機能設計、詳細設計、製造、テスト
    開発環境 :
    Linux、Java
    期間/人月 :
    6ヶ月/48人月